乾燥でワキガが悪化?臭い対策は「保湿成分」を重視!

臭いの原因が汗と菌だと聞くと「じゃあ、なるべくワキを乾燥させて…」なんて思ってしまいますよね。市販の制汗剤はさらっとして気持ちのよい使い心地のものが多いですが、肌の乾燥を促すタイプは要注意!実は、お肌の乾燥はワキガの臭いを悪化させる原因になるのです。

お肌の乾燥がワキガの臭いを悪化させる理由

汗には体温調節機能のほか、肌を弱酸性に保ち、悪玉菌の増殖を防ぐ働きがあります。

肌が乾燥すると、必要な潤いを補うために皮脂が分泌されます。皮脂も汗同様、常在菌によって分解されると臭いの原因物質が作り出されます。お肌の乾燥は臭い悪化の大きな原因となるのです。

お肌を乾燥させないための対策アイテムの選び方

ワキガの臭いを抑えるためには汗と菌の両方に働きかける必要がありますが、制汗・殺菌成分の種類には十分に気を付ける必要があります。

塩化アルミニウムや塩化ベンザルコニウムのような強力な成分は、肌の乾燥を招いたり、善玉菌まで殺菌することで肌環境を悪化させる可能性があります。制汗成分ならクロルヒドロキシアルミニウムやパラフェノールスルホン酸亜鉛殺菌成分ならイソプロピルメチルフェノール(シメン-5-オール)のような低刺激で肌にやさしい成分を配合したアイテムを選びましょう。

スプレータイプの制汗剤は大量に使うと粉を吹いた状態になりますよね。制汗剤に含まれているパウダーは汗を吸い取ると同時にお肌の潤いも奪ってしまうため、皮脂の過剰分泌を招き、臭い悪化の原因になります。ローションタイプに含まれている塩化アルミニウム、ロールオンタイプに含まれているエタノールも肌が乾燥する原因。保湿を考えるならクリームタイプがおすすめです。ラポマインなど保湿成分が配合されているワキガクリームならさらに安心ですね。

臭いと乾燥対策で美ワキを手に入れよう

中には「肌がかぶれてもいいから臭いを止めたい!」と言う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、お肌に合わないデオドラントを使い続けていると、肌環境が悪化してますます臭いがきつくなってしまいます。

お肌を健やかな状態に保つのはワキガ対策の大前提。ムダ毛処理の際には電気シェーバーなど肌への負担が少ないものを使い、お手入れの後はしっかり保湿ケアを行いましょう。肌にやさしい保湿成分を配合したワキガクリームを使えば、臭い対策しながら美ワキも手に入ってしまいますよ。

コメントは受け付けていません。