子供のワキガ対策の方法と注意点を解説!

アポクリン腺は第二次性徴をきっかけに活発化すると言われ、従来は思春期に入ってワキガに気づくことが多いとされていました。しかし近年では子供たちの成長スピードは早く、10歳未満の児童でもワキガ臭がすることがあります。特に女子の方が早くワキガが発症する傾向にあるようです。

自分で気がつくまで「見守る」

自分の臭いと言うのは大人でも気づき難いものですが、子どもの場合はなおさらです。そんなとき、もしママが気づいて大騒ぎしてしまったら、お子さんは自分を否定されたような気持になってしまう可能性もあります。

ママがワキガでなくても父親がワキガなら、お子さんもワキガになる可能性が高いのです。ワキガ自体は体質であり悪いことではないのですから、まずはママができることから始めて、お子さんが気が付くまではやさしく見守ることが大切です。お子さん自身が気づいていない段階では、衣類に消臭スプレーをかけ、デオドラントの重要性を教えてあげるのも良いでしょう。

お子さんが自分自身で、あるいはお友達から指摘を受けたりして臭いのことを気にし始めたら、ワキガについての正しい知識と臭い対策の方法を伝えます。このとき「ワキガは体質」「悪いことではない」と言うことをしっかり伝えたいですね。

子どものワキガ対策の方法とポイント

子どもの臭い対策は、次の点に注目して方法を選ぶことが大切です。

  • 子どもが自分でできる
  • 肌に優しい
  • 持続力が高い

具体的な内容について見て行きましょう。

子どもが自分でできる

子どもの臭い対策は、お子さん自身が自分でできる方法であることが大切です。お子さんの場合は特に精神面にも気を配る必要があるため、いざとなったら学校でも自分でできるくらい簡単なアイテムを選ぶことが重要なのです。ローションよりも塗りやすく肌になじみやすいクリームタイプが良いでしょう。

安心させるために小さな容器に入れて学校に持って行かせるなどの工夫が必要なこともあります。その場合には、先生に事前に相談しておくといいですね。

肌に優しい

子どもの肌は刺激に弱く敏感です。ワキガ対策グッズは大人以上に安全性にこだわったものを選びましょう。効果が高くても肌に刺激が強いものは、臭い悪化の原因になりかねません。有効成分だけでなく添加物などが含まれていない、天然・植物由来の成分を配合したワキガクリームがおすすめです。

持続力が高い

子どもの臭い対策は、朝塗れば帰宅まで効果が持続するものを選ぶのも重要なポイントです。肌への密着度が高く持続力の高いワキガクリームを選び、臭いを気にせず学校生活を送れるようにしっかりケアしてあげたいですね。

コメントは受け付けていません。