ワキガの臭い対策はセルフケアと病院での治療のふたつ!

ワキガの臭い対策は、自分でできるものと病院での治療に大きくわけることができ、それぞれにいくつかの種類があります。それぞれの種類と特徴、メリットとデメリットについて見て行きましょう。

まずは自分でできる臭い対策から

ワキガは原因となるアポクリン腺の除去が究極の対策ですが、臭いの原因となる汗と細菌の繁殖を抑えることができれば問題を解決することは可能です。

まず試したいのが、市販・通販のワキガ専用アイテムです。

  • 薬用せっけん
  • ローションタイプの制汗剤
  • ワキガ専用のデオドラントクリーム

薬用せっけんは、茶カテキン・柿タンニンなどの臭いケア成分が配合されており、ワキガだけでなく加齢臭対策にも効果が期待できます。すぐれた殺菌効果を持つ有効成分イソプロピルメチルフェノールは、大人ニキビケアにも効果的です。

臭い対策を重視したせっけん選びは、洗浄力だけでなくお肌の潤いを奪いすぎないことも重要なポイント。お肌を健やかで清浄な状態に保つことのできるものを選びたいですね。効果の有効性が認められた「医薬部外品」のものを選ぶのがおすすめです。

薬用せっけんを使って清潔にした肌に制汗剤を使えば、臭い対策はより万全です。海外製の強力な制汗剤もありますが、角質が薄い日本人の肌には刺激が強すぎる場合もあります。制汗剤は日本人の肌質に合わせて開発された国産の商品を選ぶのがおすすめです。

制汗剤にはローションタイプ・クリームタイプがあります。さらりとしたローションタイプは場所によっては塗りづらく、使い勝手は今ひとつと言う声もあるようです。どこにでも塗りやすく効果の持続しやすいクリームタイプが人気なのはそのためです。

制汗剤と言えば市販のスプレータイプやロールオンタイプも数多く発売されていますよね。しかしワキガ専用ではないため、ワキガの方が使うにはパワー不足であることが少なくありません。ワキガの臭い対策にはワキガ専用で、有効成分が配合された医薬部外品のクリームがおすすめです。

病院で行われるワキガ治療の方法

病院ではワキガのレベルに合わせてさまざまな治療法が行われます。効果は一時的なもの・半永久的なものがあり、主に次の方法が知られています。

  • 一時的な治療法:飲み薬・塗り薬、ボトックス注射など
  • 半永久的治療法:手術、ミラドライ、ビューホットなど

このうち飲み薬・塗り薬以外はワキガの原因アポクリン腺に直接働きかける方法で、中でも剪除法と呼ばれる手術はアポクリン腺を取り除くため高い効果が期待できます。その一方で傷跡が残ること、再発の可能性がゼロではないことなどリスクもあります。軽度のワキガの場合にはレーザーによる治療が行われることもあるようです。

コメントは受け付けていません。