加齢臭の特徴とワキガとの違いを解説!

実は体臭には遺伝子レベルの相性を知る働きがあり、相性の良い人の体臭は「いい臭い」と感じるそうです。しかし、ふつうの体臭ではなく一般的に不快とされる臭いもありますよね。ワキガと加齢臭はその代表的なものと言えるでしょう。

ワキガと加齢臭はどちらも社会的評価や人間関係に影響しかねない問題ですが、臭う原因が全く異なるため、対処法にも違いがあります。ワキガと加齢臭の違いについてご紹介します。

「加齢臭」とは

加齢臭とは加齢により変化した体臭で、40代以降の男性や閉経後の女性に多くみられます。加齢臭の原因物質はノネナールと呼ばれるもので、皮脂腺から分泌される脂肪が酸化することで発生します。皮脂・老廃物の分泌が多い男性で顕著なため「おやじ臭」などと呼ばれることもあり、その臭いはチーズや古本にたとえられます。

清潔志向の高まりの中、臭いに敏感な人が増え、加齢臭に関する研究は日々進化しており、30代からの男性に増加するペラルゴン酸や40代男性の頭部周辺に多く発生するジアセチルなど、ノネナール以外にも加齢臭の原因物質が特定されています。

加齢臭とワキガの違い

ワキガはアポクリン腺からの汗が常在菌による分解されることで臭いが発生します。ワキガの原因アポクリン腺は局所的に存在するのに対し、加齢臭の原因である皮脂腺は全身にあります。そのため、ワキガがアポクリン腺の多いワキ・デリケートゾーンで起こるのに対し、加齢臭は全身が臭うのが特徴です。

また、多くの場合、思春期に気になり始めるワキガに対し、加齢臭は男性で40代以降、女性は60代以降に発生することが多いようです。

加齢臭の対策方法

原因となるアポクリン腺を取り除かない限り臭いを根本的に解決することができないワキガと違い、加齢臭は基本的に清潔を心がけることとデオドラントで対処できます。

加齢臭は皮脂の分泌の多い頭部やワキ、耳の裏や襟首、首の後ろなどで発生しやすいのが特徴です。毎日のシャンプーはもちろん、洗髪後はドライヤーでしっかりと乾かして雑菌の繁殖を抑えることも大切です。

また、皮脂の分泌と酸化を抑制するためには食生活の見直しが不可欠。良質な油を摂ること、動物性脂質を控えることや、抗酸化力の高い食材を積極的に摂ることがおすすめです。アルコールやタバコも臭い悪化の原因となるため、避けた方が良いでしょう。

そのうえで、ミョウバン溶液や市販のデオドラントを使って行けば、加齢臭な自分で対策することが十分可能です。ワキガ対策には市販のデオドラントでは不十分。ワキガ専用のクリームなどで対処して行きましょう。

コメントは受け付けていません。