ミラドライって?切らない治療法を解説

ワキガの臭いが気になっていても、体にメスを入れるのはやはり不安が大きいものです。もっとも効果が高いと言われる剪除法はダウンタイムが長く、長期のお休みが取れない人はトライしづらいのもデメリットです。そこで注目を集めているのが「切らないワキガ治療」。身体への負担が少なく、ダウンタイムが短いのが魅力の方法ですが、効果やデメリットが気になりますね。切らないワキガ治療の種類と特徴について見て行きましょう。

続きを読む

本当にあるの?術後臭と代償性発汗

「ワキガ手術をしたのにまだ臭う」「別の臭いがするようになった」と訴える人や「臭いは無くなったけど、背中に汗をかくようになった」と言う人も少なくないようです。勇気を振り絞って手術したのにまだ臭うなんて、やりきれないですよね。臭いが無くなっても汗がひどくなるのも困ります。術後臭、代償性発汗は本当にあるのでしょうか?詳しく見て行きましょう。 医学的には否定されている「術後臭」 ワキガ

続きを読む

よく考えて!手術のメリット・デメリットを検証

ワキガ手術は臭いの原因アポクリン腺を取り除くことで根本的な解決を目指す方法です。だとすれば、ワキガの臭いレベルに関わらず手術した方がいいようにも思えますよね。でも、問題はそれほど単純ではありません。ワキガ手術にはさまざまな方法があり、自分に合った方法でなければ満足いく結果を得ることはできません。メリットが大きい一方で、デメリットもあります。ワキガ手術のメリット・デメリットについて見て行きましょう。

続きを読む

ひとつじゃない!ワキガ手術の方法と特徴

ワキガ手術の方法は、直接目で確認しながらアポクリン腺を取り除く直視下手術法と、部位を確認せず器具を使って行う非直視下手術法があり、それぞれ次のような種類があります。それぞれの特徴について見て行きましょう。 ワキガ手術の種類と方法 直視下手術法 切除法 剪除法(皮弁法) 非直視下手術法 皮下組織吸引法 超音波吸引法(ソノペット法)

続きを読む

重症度別!軽度・中度・重度の治療法を解説

ワキガは一般的に臭いの程度によって軽度・中度・重度に分類され、レベルによって適した治療法は異なります。ワキガ治療の種類を重症度別にご紹介します。 軽度のワキガには飲み薬と塗り薬 近づくと臭いがわかる程度の軽度のワキガには汗を抑える治療が中心で、次のような外用薬・内服薬が処方されます。いずれも保険が適用されるため、費用を安く抑えることができるのもメリットです。 塩化アルミニウム

続きを読む

臭い対策に効果的な石鹸・ボディソープの選び方

清潔は臭い対策の基本です。ワキガの場合には、単に汚れを落とすだけでなく ワキガ臭いの原因「菌」を殺菌する成分 皮脂の過剰分泌を抑える保湿成分 臭いを抑える効果が期待できる成分 などが配合されている石鹸・ボディソープを選ぶのがポイントです。さらに、肌へのやさしさの観点からは 低刺激 泡立ちが良い ものを選びたいですね。ワキガに効果的な石鹸・ボ

続きを読む

チチガ、スソガも!ワキガになりやすい部位

ワキガの臭いはアポクリン腺から出る汗がワキガ菌と呼ばれるコリネバクテリウムにより分解されることで発生します。ワキガ菌はアポクリン腺からの汗がないと生きていけないため、アポクリン腺の多いところがワキガになりやすい部位だと言うことができます。 アポクリン腺の多い部位 アポクリン腺は全身にあるエクリン腺と異なり、耳の周りやマンマリーラインなど、特定の場所に存在するのが特徴です。マンマリーライ

続きを読む

病院で治療を受ける必要はあるの?

日本ではワキガは腋臭症(えきしゅうしょう)と呼ばれ病院での治療の対象となっており、保険も使えます。となると「ワキガって病気?」「治療しないとダメなの?」と考えてしまいますよね。でも、そうではありません。ワキガや体臭に関する考え方にはお国柄があり、多くの国ではワキガと言う言葉もないそうです。ワキガで病院に行くのは日本特有の現象とも言えます。その理由について検証してみました。 ワキガは病気で

続きを読む

病院は何科を受診すればいいの?すそわきがの場合は?

自分がワキガかどうか判定してもらったり、治療を受けたい場合には病院に行くことになります。でも、ワキガってどの病院に行けばよいのかわかりにくいですよね。ワキガ診療を受けられるのは何科なのか、すそわきがの場合についても見て行きましょう。 ワキガ診療は複数の科で受けられる ワキガかどうかの判定や治療は 皮膚科 形成外科 美容外科・美容形成外科 で受けることができま

続きを読む

制汗と殺菌!臭い対策に効果的な成分の種類と特徴を解説

ワキガの臭いの原因はアポクリン汗とワキガ菌と呼ばれるコリネバクテリウムです。つまり臭い対策は制汗と殺菌のふたつがポイントになります。制汗・殺菌作用のある成分について見て行きましょう。 汗を抑えるのに効果的な成分 制汗作用の期待できる有効成分には次のものがあります。 塩化アルミニウム アルミニウムイオンが細胞膜レベルで作用することで汗に抜群の効果が期待できます。病院でのワキガ

続きを読む